KsMemo

メインブログからブログ運営に関する記事のみを集めてきました

意外と簡単、USAのAmazonアソシエイトへの登録方法。海外商品の引用にも便利

f:id:kminebg1110:20170604213109j:plain

当ブログあるいは私のサブブログにて、海外で販売している車のグッズやタブレットを紹介することがありますが、そんな時に困るのがブログに掲載する画像をどうするかということ。

下手に本家のサイトからの転載もできません。日本のAmazonで販売している物の場合には、Amazonの商品リンク画像の貼付けができますが、日本のAmazonにて流通していない場合には困ってしまいます。

そこで思い立ったのが、海外のAmazon アソシエイトに登録することです。海外のAmazon アソシエイトに登録することで、商品リンクの画像貼付・レビュー記事の確認はもちろん、Amazonの海外登録も兼ねていますので、海外Amazonからの購入もできてしまいます。

そこで今回、アメリカのAmazon アソシエイトに登録しましたので、登録方法のレポートです。

 

※日本のAmazonに登録していても、それとは別アカウント・つまり新規登録が必要となりますので留意ください

※他ブログからの移行記事ですが、ご紹介の方法は2015年12月時点と古いものであることをご了承ください。

アメリカのAmazon アソシエイトへの登録方法(2015年12月版)

2015年12月時点での登録方法です。他ブログ・サイトを参照しながら登録しましたが、時点の関係か、他記事の登録方法が若干食い違っていました。このため、今後も登録方法に微修正があるかもしれない、との認識により、2015年12月版としています。

まずは以下のAmazon アソシエイトのサイトにアクセスです。

Amazon.com Associates: The web's most popular and successful Affiliate Program

 

アクセス後、以下の赤枠の「Join Now for Free」をクリック

f:id:kminebg1110:20151226135501p:plain

Amazonへの会員登録

E-mailアドレスを入力し、赤丸「I am a new custmer.」をチェックし、四角枠のSing inをクリックします。

f:id:kminebg1110:20151226140103p:plain

上から順に

  • 名前を入力。姓・名の順です。例)Yamada Taro
  • email アドレスを2回入力
  • パスワードを2回入力

 

f:id:kminebg1110:20151226140649p:plain

 

ここからが英語の入力が多く面倒ですが15~20分で終わります。

 

以下のとおり名前・住所を入力しますが、1点のみ注意事項です。⑥の「State, Province or Region」には県名を入力しますが、⑥の前に最下段の「Country」を選択しないと(つまりはJapanを選択)県名が入力できないので留意ください。私はここで3分ぐらい悩みました。

f:id:kminebg1110:20151226143257p:plain

 

そして、国名選択、電話番号を入力(国番号をつけなくて可)。ご自身の使用であれば迷うことなく四角枠をクリックし、赤丸の次へ。

Amazonの会員登録とアソシエイト登録が一連のフローとなっていますが、Amazonの会員登録はここで終了のはずです。

 

f:id:kminebg1110:20151226144708p:plain

アソシエイトへの登録

まずはサイトの登録を行います。四角枠に、ご自身のサイト・ブログのURLをコピーし「Add Website」をクリック。複数ある場合には繰り返し行います。すると下の赤丸のとおり、リストアップされます。そして、Nextをクリック。

f:id:kminebg1110:20151226144719p:plain

 

コンプライアンスの確認です。四角枠では「13歳以下のお子さん向けのサイトではないですか?」と問うています。「No」とし次へ進みます。

f:id:kminebg1110:20151226144732p:plain

 

サイト情報の登録です。下記の画面に記載のとおり、①にてサイト・ブログ名の入力を行いますが、名称が日本語の場合には、それなりの英語表記します。私はブログ名とは違いますが「Ken's diary」と無難に入力しました。

また、②のブログの概要ですが、考えるのが面倒だったので「Google 翻訳」に簡単な日本語を入力・機械翻訳し、それなりに修正したものを入力しました。(Google翻訳意外も同様ですが、あくまで機械翻訳は参考程度です) 

f:id:kminebg1110:20151226150952p:plain

 

前画面の続きです。サイトのタイプ・分類などの登録ですが、重要な情報ではないため、説明は割愛します。

f:id:kminebg1110:20151226151009p:plain

 

ようやく終わりに近づいてきました。最後に電話による認証です。アメリカから電話がありますが、相手が自動音声のため緊張する必要はありません。流れは以下となります。

  • 四角枠内に電話番号を入力。日本の国番号を示す81に+を付け、最初の0を外した番号を入力します。例えば、携帯の090-1234-5678の場合、「+819012345678」とします。画面の注意書きに「国際電話の場合には、+を付ける」とあったのですが、私はこれを忘れてしまい「複数回失敗による無効。1時間後に再入力」となりました。くれぐれも「+」を付けるのをお忘れなきよう
  • 電話番号を入力すると、画面上「PINコード」が表示されます。
  • 四角枠の黄色のアイコン「Call me now」をクリックします。クリック直後に、電話がかかってきますが、自動音声で「PINコードを電話機で入力してね」と促してきますので、自動音声が止まったところで、PINコードをダイヤル入力します。
  • 以上にて認証完了です。

 

f:id:kminebg1110:20151226151034p:plain

 

以下の画面にて、正式に認証完了です。

f:id:kminebg1110:20151226153534p:plain

 

無事にアソシエイトIDも発行されました。

最後に(ここからがまた時間がかかる)、支払方法とTax Informationの登録です。

f:id:kminebg1110:20151226163439p:plain

支払方法とTax Informationの登録

まず支払情報(アソシエイト収益の受領方法)ですが、米国居住でない場合には赤枠のAmazonギフトカードの一択です。口座振込・小切手はダメです。

f:id:kminebg1110:20151226163502p:plain

 

ここからが厄介なTax Informationです。米国民でない場合には、赤枠の「No」を選択し進んでいくのですが、最後の画面では宣誓書と言いますか、アメリカのTax informaion formの電子版の提出まで行います。(すいません。最も厄介なところのスクショを撮り漏れていました)

Tax Informationは、個人登録の場合、それほど多岐に渡る情報入力ではありません。

f:id:kminebg1110:20151226163522p:plain

 

これで、ようやく日本のAmazonのアソシエイトと同様の画面までたどりつけました。

f:id:kminebg1110:20151226163534p:plain

 

以上にて完了です。私の場合、電話番号入力の際の”+”の付け忘れで時間がかかり、さらにTax Informationの登録で戸惑いましたが、20分程度で完了するものです。