KsMemo

メインブログからブログ運営に関する記事のみを集めてきました

もしもアフィリエイトの最大のメリットは、そのサポート体制にあり。ついに、Adsenseに次ぐ柱に。

f:id:kminebg1110:20170506230415j:plain

昨年(2015年)7月にブログ開設とほぼ同時期に始めたアフィリエイトも、間もなく1年半となります。Amazonアソシエイトから始め、楽天アフィリエイト、A8.net、アフィリエイト B、その他多くのASPを試してみましたが、今年の6月に始めたのが「もしもアフィリエイト」です。私は最近、「もしもアフィリエイト」を多用していることもありますが、私のアフィリエイトのなかでは、Amazonを超え、Adsenseに次ぐ収益・存在に。

「もしもアフィリエイト」というと、「W報酬制度」や、「自動マッチング機能」、最低支払額が1,000円以上から、などが特徴です。そして、他の特徴として、初めての方にもわかりやすく、サポートが充実していることがあります。

 今回は、この「もしもアフィリエイト」のサポートの一部をピックアップして紹介します。

もしもアフィリエイトの特徴(おさらい)

「もしもアフィリエイト」の報酬面での特徴は、多くのサイトで記載されていますので、サラッとおさらいです。

なんといっても「W報酬制度」がすばらしい

「もしもアフィリエイト」と言えば、なんといっても「W報酬制度」ですね。以下の画像のとおり、通常の報酬に加え、「もしもアフィリエイト」より、ボーナス報酬として10%が加算されます。残念なところは、AmazonはW報酬制度の対象外となっていること。

 

fy3gkWuR4Wx35at1466343701_1466343783

最低支払額は1,000円以上から

現金での支払基準は、例えば、Amazonアソシエイトは5,000円以上、楽天アフィリエイトは3,000円までは楽天ポイント払、3,000円を超えた部分(楽天銀行の口座を持っている場合)は、楽天キャッシュ・楽天銀行を経由しての支払となっています。

 

Amazonアソシエイトは5,000円以上、楽天アフィリエイトは3,000円以上と、現金化のバーが高く、私は数カ月前に、ようやくこのバーを超えたばかり。

 

Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトとも、「もしもアフィリエイト」経由での申請・登録ができ、しかも双方合わせて1,000円以上で現金化が可能となり、Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトを単独で行うよりも、現金化のバーはかなり下がります

アフィリエイト作成支援ツール「さいつく」にて、35サイト作成可能

「もしもアフィリエイト」が無料で提供しているツール「さいつく」を利用すると、サイトを合計35サイトも作成することができます。

 

仮に独自ドメインの取得費用を1つにつき年間1,000円とした場合、35サイトの場合は35,000円もかかりますが、この費用がかからないことになります。

サポート関連の特徴

私が特に感心したのは、このサポート、ノウハウ的なマニュアル類、メルマガでのアドバイスが充実していることです。初めてアフィリエイトを行う方や、私のようにアフィリエイトに少なからず経験がある方の復習にも、ちょうどよいものとの認識です。

 

私は、とあるアフィリエイトをメインとした情報教材を購入し勉強しましたが、その教材は全般的な概要を学ぶには程よいものであるものの、具体性に欠けるものでした。この点において、「もしもアフィリエイト」のサポート類のみで十分とは言い切れないものの、具体的な事項を学ぶとの観点では大いに役立つものです。

 

では、具体的に例をあげながらみていきます。

成果を伸ばすためのポイントが程よく整理されている

以下の画面のとおり、「アフィリエイトで成果を伸ばすための37箇条」なるページがあり、初めての方はもちろんのこと、ある程度、アフィリエイトを実践している方にとってもドキッとする事項などが掲載されています。

 

例えば、私が実践できていない事項では、以下などがあります(全てを掲載するわけにはいかないため、ごく一部を引用)

 

  • 画像を200~400文字に1枚入れる
  • 独りよがりではなく、 訪問者のための記事になっているか見直す 
  • 滞在時間が短かすぎないか意識する
  • まだうまくいっていないサイトに固執しすぎないこと

 

また、パンダアップデート、ペンギンアップデート、EMDアップデートなど、やや中級者向けの記載もあり、浅く記載しているものの、さらに深堀りして調べてみるのも面白そうです。

UaCvudCE1YXyJK91466343807_1466343871

成功事例が具体的

例えば、「カエレバ」の作成者でもある「かん吉さん」他の成功事例も掲載されており、参考になります。

 

また、「もしも」が運営するアフィリエイト通信講座である「アフィリエイトチャレンジ」にも、「エクスペリア非公式マニュアル」でお馴染みのの染谷昌利さんをはじめとした著名な方のインタビュー記事があり、興味深いです。

 

http://ch.moshimo.com/afch/knowhow/article?name=someya01

 

m02gabcRRMQcBdC1466343886_1466343953

メルマガでノウハウが学べる

他のASPのメルマガは、広告の新着案件、各種イベントなどのお知らせが多いのですが、「もしもアフィリエイト」のメルマガの方向性は、(私が6月に受領したメルマガの範囲では)アフィリエイトのノウハウがメインとなっています。

 

メルマガタイトルの一例をあげると以下となりますが、私にとっては珍しく「もしもアフィリエイト」のメルマガをGmailのスター付扱いにしています。

 

  • SEOの基礎の理解
  • 記事作成の鉄則
  • サイトの3つの価値

 

まとめ

いかがでしょうか。「もしもアフィリエイト」のメリットばかりを強調しましたが、A8.netやアフィリエイト Bなどの他の大手ASPと比較すると、案件の絶対数が少ないデメリットもあります。

そのデメリットを考慮しても、主に初めての方をターゲットにしたサポート、ノウハウのアドバイスが優れており、十分に利用する価値ありです。

 

▼もしもアフィリエイト公式

がんばる個人のための「もしもアフィリエイト」