KsMemo

メインブログからブログ運営に関する記事のみを集めてきました

バナー工房の代替に利用したい、画像編集に便利なサイト

画像編集に便利なサイト「バナー工房」の過去記事にアクセスが戻ってきたぞ、と不思議に思いつつ、バナー工房サイトを開けてみると、グルグルとアクセス中になるのみで繋がらない状況に。

これでは、ブログ編集の効率がかなり下がってしまいますが、時々やってくる「バナー工房」に接続できない状況。こんな時に備えて、私の備忘も兼ねてバナー工房の代替となる、私が使用している画像編集に便利なサイト、ソフトをご参考までに掲載します。

 

※主に、ブログ掲載用の簡易的な画像編集を目的とした、サイト・ソフトのご紹介です。

 

▼関連記事

 

画像の切り取り、文字入れなら「Screenpresso」

画像の切り取り・文字入れなら、フリー版でも画像圧縮以外ならほぼ何でもできるソフト「Screenpresso」の一択です。

 

iOSにも文字入れに便利なアプリ「Skitch」がありますが、Skitch以上に機能が豊富で、使い勝手のよいものです。私は、自宅のWindows PC・タブレットの全てに、このScreenpressoをインストールしています。

 

DZFxp_KaBq4EnYT1470493088_1470493185

 

▲▼Screenpressoでの加工事例です。ブログでの画像をみると、ピンクの文字入れをしているものが多いのですが、多くはSkitchでの文字入れかと思います。

 

Skitchを使用したことがある方なら、上記のサンプルをみて納得されるかと思いますが、Skitchよりも機能は豊富で、細かい操作まで行き届いています。

 

▼詳細は以下の別記事を参照くださいませ。

 

ファイル圧縮・サイズ変更なら、「画像を縮小する!」サイト

この「画像を縮小する!」サイトは、簡単数ステップでファイル圧縮とサイズ変更を同時にできる便利なサイトです。

 

画像を縮小する!

 

▼縮小・圧縮する画像を特定し、画像サイズ・JPEGの画質を選択・入力するのみの簡単設定

 

▼そして縮小・圧縮した画像をダウンロードするのみ。

 

サイズ変更・圧縮にて「バナー工房」と異なるのは、「バナー工房」はフリーサイズでの切り取りができ、また、その履歴(元に戻す)にて同画像を繰り返し利用できることに対して、「画像を縮小する!」では、サイズ指定などを失敗した場合には、再度ゼロスタートする必要があります。

 

圧縮のみなら「tinypng」サイト

画像のサイズ変更を伴わず、単純に画像の圧縮のみなら「tinypng」もおすすめです。

 

tinypngサイト

 

サイト名はpngですが、png・jpgとも対応しており、圧縮したい画像をドラッグするのみの簡単設定です。

 

私は上記の「画像を縮小する!」と併用していますが、画像サイズも変更でき、圧縮率も指定できる「画像を縮小する!」がより利便性の高いもの。

 

画像の結合なら「フォトコンバイン」サイト

私はブログ掲載用の画像でよく行うのが、スマホのスクショを撮り、画像を並べて比較表示すること。

 

この画像の結合、並べて表示に便利なサイトが「フォトコンバイン」です。今回は画像の結合のみの紹介ですが、この「フォトコンバイン」では画像の結合のみならず、リサイズ・文字入れ・フレームにも対応しています。

 

フォトコンバイン

 

▼結合する画像の指定と出力設定

 

▼出力プレビュー。その場でプレビューが確認できて便利。

 

▼フォトコンバインでの作例。車のヘッドライトの、くもり・汚れを除去した側のライト(左)、除去していない側のライト(右)を比較しています。

 

実際の画像のサイズは、左右で異なっていたのですが、綺麗に自動調整されて、縦横のサイズが合っています。

 

 

▼出力設定の画像が粗かったので、やや拡大して再掲。出力サイズの設定や圧縮にも対応しています。つまりは先に紹介の「画像を縮小する!」サイトの機能も兼ね備えたもの。

 

▼簡易的な文字入れ、リサイズ、フレームにも対応しています。

 

ちなみに、以下の画像の淡いブルーのフレームは、この機能を利用したもの。

 

細かな画像補正を求めるなら「Fotor」サイト

使い始めたばかりなうえ、多機能なために、使いこなせていないのですが、細かな画像補正も含め、切り取り・回転・リサイズ・フレームなどの基本的な編集も揃っているのが、「Fotor」サイト。

 

Fotor サイト

 

 

 

まとめ

時々 やってくる「バナー工房」にアクセスできない課題。アクセスできない状況になり、「バナー工房」がどれほど利便性の高いサイトであったか、再認識しています。

今回、紹介したサイト・アプリは、それぞれの単体の機能でみると、「バナー工房」よりも細かい設定・編集のできるものです。ただし、可能なことなら、一つのサイトで処理を行いたいものですが。